いろいろ〜!

海外で大学院生やってたらHey!Say!Jumpにはまった

 

 

⒈今年アラサー。

⒉高校卒業してから海外に住んでおり、現在7年目。

⒊俗にいう「だいがいがくいんせい」で「りっぱなけんきゅうしゃ」になるために毎日「じっけん」をしたり「ろんぶん」をよんだり書いたりしてます。

⒋彼氏はもう2年近くいません。

 

なワタクシが、

 

ついにジャニーズというかHey!Say!Jumpにハマってしまいました。

 

 

 

<はまったきっかけ>

時間軸で追ってきます。

 

グラスホッパーで確か山ちゃんの存在をしる。

グラスホッパー小説大好きでした。スピンオフ?のワルツも好きでした〜。
蝉のイメージは漫画のイメージが強すぎて、

「漫画の影響が強すぎて、蝉はもっとビジュアル系やな〜。これはこのジャニーズ(山ちゃん)のファン得な映画やな」

と思ってたくらいでした。

 

なんしろ、私の中でジャニーズが中学生の頃ののカツーンで終わってるんで、この時から多分、最近のあたらしいジャニーズのこ=山田涼介になる。

 

⒉字幕ツイート。

 

このツイートです。

どうやってこのツイートに行き着いたか今は憶えてない・・。

字幕が最高がとにかく面白かった!

特に「ダイアモンドと人間のハーフ」「建国完了」「ペロい」

 

中学生くらいの時にやってた金八先生で、光くんと薮ちゃんの存在は知ってた。

ここで「あーそうだ、光くんと薮ちゃんがいるグループで、たしかHey!Say!Jumpやったな〜」

「そういや友達がカラオケで何曲かJumpの曲うたってた〜」と思ってたくらいでした。

 

⒊友達の妹さんらに前置詞の説明をするために山田涼介の名前を借りる

友達の妹さんらはジャニーズが好きと知ってたので、

a とtheの違いを説明するために、Ryosuke Yamadaを使いました。

⭕️the ryosuke yamada's cafe 

(なんか期間限定的な山田涼介プロデュースのカフェという設定でした、自分の中で)

❌The ryosuke yamada

(固有名詞にはTheつかないんだよ〜〜みたいなね。)

 

ちなみに今でもAとTheの違いとかいつTheがつくのかとかわからんから雰囲気で使ってる時多いです。

 

 

ここからどうなったのかわからんけど、とりあえず

山田涼介かっこよすぎる!?!?!??やべえ!!!!

ってなりました。

 

顔整いすぎでしょう…

そらダイアモンドと人間のハーフくらいじゃないとこんなけ顔整わへんわ…

しかもお料理も上手だそうで…

 スノードーム作りとか…テイラースウィフトですかね…?

カフェ巡りが趣味とか…

そんなんなのに、ジェットコースター怖いとか…

ギャップ完璧かよ…

これって事務所の方向性かなにかですか?お偉いさんにそう言えっていわれたの!?!?

 

この山ちゃんにはまりかけてた時期は

「9人もいるとみんな同じ声に聞こえる〜」と言っていましたが

今は分かります!!!!!!

 

⒌今「ジャニオタ」になるためにいろいろ勉強してます。

今ここですね。まだはまってなんやかんや1ヵ月もたってないと思います。

ジャニーズ初心者、いろいろ勉強してる途中です( i _ i )

今は1周回って薮ちゃん好きです。

推しメンのことをジャニーズ◯◯担っていうんですか?!そうですよね!?

 

 

 

 

おわりに、ジャニーズってたのしいね!!!!!❤️

じっけんうまくいかなくても私頑張るよ!!!!!!

 

 

 

 

日本への一時帰国

日本への一時帰国はいろいろシンドイ。

 

今回は大切な幼馴染の結婚式でした。(なんか親友というと照れ臭いというか、安っぽくなるので大切な友達と表現したくなるんやけど、私だけ?笑)

結婚式自体は、すごくハッピーだったし、友達綺麗だったし、幸せそうな2人を見て帰ってきてよかったなぁと思った。

 

でもその前がすごくしんどかった。

実験ばっかりで、実験の関係で、どうしても土日に出てこないといけない+2−3時間のみ。なので、一日オフの日が持てず効率は下がっていくばかり。

大切な学会の前なのに、予定していたスケジュールで進められなくて、フラストレーション。

 

 

そんな中、

昔に”いちばんすきだったひと”から「会いたい」なんか言われたりする。

そんな疲れてるときにそんなこと言われたら会いたいに決まってる。

 

そうなった場合は、脳みそのなかで1週間滞在する期間でどうやって彼に会えるか考える。グーグルカレンダーを何度も見る。それに使うお金も「いつも使わないからいいか」と自分で納得させようとしている。「会いたい」なんて言ってくれるから、と少し期待してしまう。特別なのかなとか、あったら付き合えるのかな、甘えていいのかな、この人と私結婚するのかな?とか考えてしまう。

 

結局会いませんでした。お金も時間もなかったので。

なんで会いに来てくれないのかな?と思ってかなしくなって飛行機で少し泣きました。

こない理由は、当たり前で、彼女でも婚約者でもない女に時間とお金を割いてくるわけない。

私も、同じような理由だし。

私は結局、たまにあってもいいかなと思われるだけ・・・。

 

今回はしんどかったけど、

「自分のことを大切にしてくれない人に時間やお金をかけなくていい」ということを学びました。

 

おわり。

 

 

 

英語と日本語を喋るということ。

なんか自分の中ですごい不思議な自分の性格なんですが。

私はすごい内向的で、一人の時間を過ごしてパワーチャージします。

そんな自分の性格が自分では認めようとしてるけど、

たまに、誰ともフレンドリーな人をみると「いいなぁ」と思って、

「あぁ自分はダメなんだな」って思うけどそれを見ないフリ。

 

英語喋っていると多分、脳みその違う部分を使っているからか、

または違う言葉を話している自分が自分に感じないからか、

内向的な自分を忘れてコミュニケーションを積極的に取れています。(と自分では思う。)

といっても、他人から見たらシャイなんだろうなぁと・・・。

担当教員に散々、「シャイだけど学会がんばってね!!」と言われてる(⌒-⌒; )

 

そんな英語と日本語のモードを使い分けてると本当の自分がわけわからんくなってきて、

英語喋ってる自分が自分に思えなかったり、

日本語喋ってる自分もちょっと英語喋ってる自分に影響受けて、「あれ私ってこんな人だったっけ?」って思ったり。

まぁ26年近く生きてたら考え方も変わるし

「あれ私ってこんな人だっけ」っていうのは過去と比べてるから、そういう風に思うのは普通なのかも。

今もこうやって洋楽聴きながら(まぁまぁ歌詞わかる)、日本語でよくのわからんことかいてます。

 

英語と日本語喋ると声のトーン変わる人っているよなぁ、そんな感じとちょっと似てる感じがする。

よく聞かれるのは、「英語と日本語どっちで考え事する?」っていう質問。

うちは全部考え事イメージで浮かんでくるなぁ。

といっても、英語喋れなかった時何語で、どういう風に考え事するとか考えたことがなかったので、英語喋れる関係なしに考え事すべてイメージで浮かんでくるんかもしれません。

でも、なんか好きになった人はみんな日本人だし、恋愛関係は全部日本語かもしれない。

 

話は変わって。

英語に慣れてる人でもぶち当たるのが「電話」

これはもうだいぶ慣れて、普通にかけられますし、受け取ることもできます。

窓口とかで喋るのも、発表するときも殆どメモなしで喋れるかも。

私は幸運?なことに日本人特有のアクセントがあまりないので聞き返されることもあまりないです。

コミュニケーションをとる上ではあんまり困ってないし、

もうオーストラリアに5年以上すんでるし、よくのわからん文化には慣れた。

英語を使ったりオーストラリアに住むことがそこまでもうストレスじゃないと思ってたんやけど、

この前日本にかえってほっこり・緊張してたのが解かれた感じがして思ったのは

どこにいても日本が故郷なんやな〜。オーストラリアでなんやかんや緊張してるんやなぁ〜。思いました。

 

 

 

癒されたい!

おわり!

 

しんどい、、ぞ〜!

金曜日にちょっと良いなぁと思ってる人とご飯とお酒飲みました。

なんかそこで、「この人と付き合ったらどうなるんだろう」とか考え出してしまいました。

もし、相手がいて、私が辛い時にハグくらいしてくれたらなぁとか甘えられたらなぁとか考え出してしまって。現実と照らし合わせて寂しくなって終わり。

そんな妄想のせいで、一人でいるのが余計辛くなってきた感じがします。

いつもは一人でいてもちゃーんと一人の時間を楽しんでるのにー!

 

結局、今彼氏ができたとしても、その人が何人でどこでなにをしてようが、

私は2年後どこで何をしているのわからないので簡単には付き合えないような気がします。

将来わかんないのに付き合って今この年(26歳)で「それでも好きだー!付き合ってほしいー!」なんて言えるわけない・・・( ;´Д`)

グレーな関係は嫌だというなら

我慢するしかないですね。

 

それとも私がわがまますぎるのか?人肌恋しいなら少しくらい目をつぶらないかんのかなぁ。でも26歳でグレーな関係があるってどうよ・・?

 

あぁ、自分のご機嫌は自分で取らないと、、ドツボにはまっていくかんじがします。

 

今日思ったこと

2つあります。

 

1・「私が日本に帰る(本帰国する)のをいまいちあきらめられない理由」

それは多分単純によくのわからない憧れ!

 

小さいアパートに自分一人で住みたい!

親元離れているのにオーストラリアの家賃事情のせいで、シェアハウスにしか住んだことがなく。キッチン、バスルームはシェア。

小さいアパートに住んで、インテリアとか懲りたいんです。

小さいスペースに文句言いながら、収納とかちょっとDIYとかしてこだわりたいんです。

かわいい家具を買ったりしたいんです・・。

 

やっぱり日本は服がかわいいというのもデカイ。

オーストラリアはほーんまに服かわいくない!ディプレイの仕方のせいもあるんかな?

日本はお店に置いてある時点でコーデネートがある程度完成されてて、それを買えば良いので、「おしゃれさん」になれるハードルが低い気がする。

オーストラリアは多分、しっかりみて、考えて、センスみがかないとおしゃれさんになれないきがする。

まぁあと、元が良いひとも多いね!TシャツとパンツでOKな方もたくさん。

買い物したくっても、気に入ったのがなく自分の中で消化せずに帰って余計もやもやしたまま終わるという。

 

最後は多分友達の問題。

学部の時に一緒に勉強した仲良いお友達が地元に帰ったり自分の国にかえっちゃったりして、友達がいっきに減った!

大学院(というか、大学の研究施設)は周りは大体ずっと同じひとなので。

学部のように一緒に勉強して、仲良くなるっていうのもなかなかない。

同じラボのひとと仲良くなることはあったとしても。

なんか、フラっと「今日ご飯いこ!」「家いっていい!?」みたいな友達がほしいんよなぁ。

元から友達が少ない方なんですが、仲良しの子が近くにいたらタラレバごっこ(笑)したり、フラッと誘ったりできるのなって〜。

 

2・「ガーリーな一面があってもいいじゃないか」

前のポストに自分の女の子な感情がたまにでてきてシンドイみたいなことを書いてましたが。

今日、思い返すと、弱い一面もあって女の魅力なんじゃないかなって。

常に、キャリアに向かってバリバリ働いてる人も素晴らしいけど、

多分私はもうちょっとのほほんサイドな人間やから、

「彼氏ほしーな〜」「甘えたいな〜」っていう感情が少しくらいあった方が、

化粧頑張ったり、おしゃれ頑張ったり、髪の毛頑張ったりしてもっと自分の外見も磨けるはず!

自分の弱い一面を認めることによって、相手の気持ちとか辛さもわかる人間になるんじゃないかなって。

つまり、私は、「無理に押し殺してバリバリ働いてキャリア一筋!!」よりも、

女の子な一面もキープしつつ、キャリアも頑張ってる、でも弱い一面もあったりする方が私には向いているのかなって思います。あんまり強くない人間だからこそ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

今日考えてしっくりきた2点でした。ああスッキリ。

 

ジレンマ

 

「女だからって、男に頼りたくないし!」

「自分でなんでもできるようになりたい!」

「一人でもつよくありたい!」

 

って思ってるから

 

自分の中にある

「誰かに甘えたい」だとか、

「今日もよく頑張ったね。」って言ってして欲しい気持ちだとか、

「研究者になれるよ!」って励ましてもらいたい気持ちとか、

「うんうんそうだね、それ腹立つね」って共感してほしい気持ちを

 

自分の中でできるだけ遠目で見るようにしてました。

 

でもそうやってつよくいられない時に、

そういう気持ちが出てくるのしんどいですね・・。

女の子っぽい感情が生まれるのが嫌だぁ。

 

 

今日はマジでついてない( ;´Д`)明日も実験であるぅ

 

日本に帰ってました(先月)

先月日本に帰ってました。

 

高校生のプチ学会みたいなのお手伝いために11月初旬から下旬まで日本に帰ってました。

日本の高校で働くとはこういうことなのかといろんな意味で勉強になりました。

忙しすぎて&全てがバタバタ準備されたので、自分で教え方を考えたり、工夫したりする時間がなかったのが悔やまれる。

日本語から英語に直したりする作業慣れてないので大変でした。翻訳のセンスはあんまりないのでググりまくりです。

 

あとは、お姉ちゃんの猫と遊んだり、買い物したり。買い物のリストアップを作っておいたので、結構スムーズに時間を賢く使って買い物できたかと思います。

ドラッグストアで売ってるようなものはアマゾンのほうがちょっと安いので、今度からはアマゾンをオーストラリアにいるときに実家に送りつけて、時間を節約しようと思う!

 

あと、元彼にも会ってきました。

高校生のときに遠距離してたんですが。昔は彼にアホやと思われたくないとかよく思ってたんですが、今回はそんなこと全然思わなかったな。

なんか、雰囲気とかかなり好きだったので、やっぱりこいつ素敵やなとか思った。

私と会ったあとに彼女に会う予定だったらしく。浮気予防らしいです。

ちょっとお別れするとき寂しかったけど、(多分これは、昔の記憶と重ねてるからである。)彼は私にとってやっぱりインフエンサーであって、パートナーではないと思ったので人生のパートナーにはなれないんじゃないかなって。インフエンサーがパートナーにもなり得るけど、私はそういうのをパートナーに求めてない気がする。

 

う〜ん。彼氏欲しいな。

 

 

今回の帰国で思ったことが、

1つ目:久しぶりにかえっても全然久しぶりな感じしない!

昔1.5年ぶりくらいに日本帰ったことがあるんですが、そのときはすべてのものが目新しく感じて久しぶりに帰ってきたなぁと思ったのを覚えているんですが、

今回は地元もあんまり変わってない感じがしましたし、家に帰ってきても不自然な感じもしませんでした。

 

2つ目:なんかめっちゃ安心する!

もう5年以上オーストラリアに住んでるので、オーストラリアはセカンドホーム的な存在なのですが・・。

今回、日本に帰ると安心するぅ!!っというのをめちゃくちゃ感じました。なんでだろう。1.5年間日本に帰ってなかったからかしら。

あとリバースカルチャーショックも受けませんでした。(これはただ単にいた期間が短かったから?)

 

とりあえず、まとまってないけど、ブログってそういうまとまってない日記的なものだと思ってるからよし!

 

 

イブも実験です。クリスマス、天気めっちゃいいのに何も予定なくって一瞬焦ったけど、ビーチにでも行って本でも読もうかなとかいうナイスアイデアを思いついたのでよし!!

 

 

おわり!